ビッグオオモン(仮)釣れたセッティングはこれ!オフショアではエギングタックルはおすすめしない

ビッグオオモン(仮)釣れたセッティング

ジグヘッド

エコギア(Ecogear) テンヤ スイミングテンヤ 40g

created by Rinker
エコギア(Ecogear)
¥710 (2020/10/31 07:45:25時点 Amazon調べ-詳細)

ワーム

エコギア(ECOGEAR) バルト3.5インチ CPブルーイワシ

created by Rinker
エコギア(Ecogear)
¥800 (2020/11/01 07:10:15時点 Amazon調べ-詳細)

ライン

PE0.8号

リーダー

ヤマトヨテグス ライン フロロショックリーダー 20m 6号

ロッド

シマノ 18 セフィア BB S86ML

created by Rinker
SHIMANO(シマノ)
¥13,783 (2020/11/01 07:10:16時点 Amazon調べ-詳細)

リール

シマノグ 18 セフィア BB C3000S

オフショアではオオモンハタゲームにエギングロッドおすすめしない理由

・リーダーが太くエギングロッドのガイドは小さいのでガイドがぶっ壊れそうになる

・一応キャストするのでルアーの重さでロッド折れる可能性あり

・慎重にキャストするので飛距離出ない

・そもそもジグヘッドの重さオーバー

などなど

潮が緩く軽いジグヘッドでも底がとれるなら良いんですが、潮が速いエリアではどうしても重いジグヘッド使用するので厳しいです

ド素人意見ですが専用ロッドが間違いないでしょう

エギングタックルではやるのは完全に自己責任です・・・

はいそんな感じで本日もブログみていただきありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください